水のトラブルで修理をする判断基準とは

水のトラブルで修理をする判断基準とは 普段使用している水道で水のトラブルが起きてしまった時、どのように対応するのがいいのでしょうか。頻繁に故障するものではないため、どのようにしたらいいのか分からず困ってしまいます。大量の水漏れであれば修理が必要とすぐに分かりますが、少量の水漏れや故障なのか判断がつかない場合は様子を見るべきか迷ってしまうことでしょう。ここでは修理をする判断基準を紹介します。故障なのか疑問に思っている方は参考にしてください。
水のトラブルが起きる原因は複数ありますが、中には自分で直せるものもあります。修理の依頼をするか迷っている時は自分で修理を試してみることも方法の一つです。ただし、水道に関する知識がない方がいじってしまうことで症状を悪化させることがあるため、無理に行わず難しいと判断したらすぐに修理を依頼するようにしましょう。

■水道からポタポタ垂れる水のトラブルとは

水のトラブルの中で、水道の蛇口からポタポタと水が垂れる症状はとても多いです。少量なので様子を見ている人もいますが、これはすぐに修理をすることをおすすめします。
このトラブルが起きる原因の一つは水道関係の部品が消耗していることが挙げられます。蛇口などで使用されているパッキンなどは7年から10年程度で劣化してしまいます。正常に働かなくなってしまった部品では水が止められなくなりポタポタと水漏れするようになります。最初はポタポタと垂れる程度ですが、徐々に漏れる量が増えていき改善することはありません。パッキンなどを交換すればすぐに直すことができる場合もありますが、部品のサイズが蛇口によって違うため自分での修理はあまりおすすめできません。

■お風呂の排水溝が溢れた場合
お風呂で起こりやすい水のトラブルは排水溝が詰まってしまうことです。上手く排水できなくなり、水が溢れてきます。このような時はすぐに修理業者を呼ばず、まずは自分で修理をしてみましょう。排水ができなくなってしまう原因は、入浴時に水と一緒に流れてしまう髪の毛やシャンプーなどの石鹸カスが雑菌と混ざりあうことでヘドロ状になってしまい配管を塞いでしまうためです。この汚れを綺麗にすることで詰まりを解消することができます。
市販されているパイプクリーナーや重曹などを排水溝に流し掃除をしてみましょう。排水口を歯ブラシなどで掃除することも効果的です。注意しなければいけないことは熱湯を使用しないことです。熱湯は排水管を変形させてしまう危険があるため使用してはいけません。自分で掃除をしても改善されない場合は配管の奥に詰まりの原因があるので業者に依頼します。手探りで配管の奥を掃除することは配管を傷つけたり、破損してしまうことにもつながるため無理矢理掃除することは止めましょう。

■給湯器から出る水漏れ

故障なのか、様子見でいいのかで迷ってしまいがちなものは給湯器からの水漏れです。給湯器はガスを一緒に使用するため水漏れは漏電などの危険がありとても心配になります。
給湯器から水漏れが起っている時はまず、どこから水が漏れているのかを調べます。長期間使っていなかった場合の水抜き栓からの水漏れであれば、故障ではありません。給湯器は安全に使用できるよう圧力を調節できるようになっています。様子を見ていて水が止まるようなら大丈夫です。
しかし、水抜き栓以外から水が漏れている場合はすぐに修理が必要です。対応が早い業者に依頼するのがおすすめです。

■まとめ
水のトラブルで故障なのか様子見でいいのか判断が難しいものを紹介しました。すぐに修理が必要なものもありますが、安全に使うための調節である場合もあります。軽い症状であればついつい様子を見てしまいがちですが、放置しておいても改善することはないので早めに修理を行うようにしましょう。自分で判断することが難しい場合は、相談窓口などが用意されている業者に連絡すると気軽に相談できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース